RSS | ATOM | SEARCH
冷静と情熱のあいだ・・・
 冷静に試合を振り返ってみれば。

最初の先制は良かった。内城ナイスバッティング!

しかし、ピッチングではいきなりのデッドボール。
県の準決勝、決勝のようなピッチングではなかった。

甲子園での大舞台。緊張、力み。仕方ないです。
誰もが「投打の中心、内城の出来次第」と言われていた。
本人へのプレッシャーは致し方ない。

県での大垣日大戦で終盤同点に追いつかれて内城に
変わって登板したのが安江君。
小柄で球も決して速くないけれど、強い精神力で
ピンチを抑えた。

今回も監督の判断で安江君が登板。
見方の守りにも支えられてずーっと0点に抑えた。

打っては3塁打、2塁打、2塁打。猛打賞!
大活躍。
ただ、延長戦に入ってスタミナが徐々に奪われ・・
最終的には唯一のエラーが基でサヨナラと・・

延長に入って安江君がへばっているのを画面上で
誰もが確認できたと思います。
監督がなぜ内城と交代させないのか、と自分は
思いました。
でも、監督の意思は恐らく、ここまで来たら安江君を
信じよう、それでダメでも悔いはない。
そこまで信頼していたのだと思う。

負けた瞬間に安江君ががっくり肩を落とし
俯いた。「自分のせいで。」とコメントしていた。
責任感の強い人柄が伺えた。
でも、この試合での最高殊勲選手は間違いなく
安江君だと思います。

今度は甲子園で一勝を。
という新たな目標ができた。と監督。

これが終わりではなく、始まり。
とキャプテンの佐藤君。

お疲れさまでした。

追伸;

は次回に・・・
author:てっぱ, category:-, 11:29
comments(2), trackbacks(2), - -
Comment
応援に行ったOBの話では、予選の連投でエース君は、だいぶ肘にきていたらしく とても投げられる状態ではなかったと聞きました。
エース君も投げたかったでしょうね。
ころん, 2011/08/10 5:13 PM
そうでしたか・・如水館は県予選から継投継投で勝ち上がって来ております。なので一人のピッチャーにかかる負担は少なくて済みます。せっかく関商工に勝ったのだから、悔しいけど、勝ち進んで、そして「一番関商工が手強い相手だった」と言って欲しいですね。
てっぱ, 2011/08/10 8:16 PM









Trackback
url: http://blog.niwa-kikaku.com/trackback/235
もし、わずか3ヶ月で球速が10km/h以上ものびたら・・・
人一倍、トレーニング量はこなしているのに、球速が伸びない…あなたは、どうすればより速い球を投げられると思いますか?ピッチャーとしての理想的な身体を作る方法をぜひご覧下さい。
【野球】ピッチング・スピードアップ!, 2011/08/11 10:19 PM
万年補欠から4番バッターに・・・
基本に忠実に地道に自主練習すること。それが実力をつける方法です。あなたも基本的なバッティングの理論を身に付けて子供や選手たちの良いコーチとなり威厳を見せてやりませんか?
3日で一流の打撃コーチになれる指導法, 2011/08/12 8:51 AM