RSS | ATOM | SEARCH
最終・・・

五月も最終の週です。

 

ゴールデンウイィークに始まり、大雨や猛暑に見舞われ、

ニュースは「不正タックル」や「もりかけ」問題、

世界ではアメリカの米朝会議ドタキャンなど。

 

そして、あの「ヤングマン」の訃報もありました。

 

新緑だけは進み、異常気象のため「蚊」が既に飛び交っています。

 

ざっとふりかえる「5月」

 

穏やかな月ではなかったような、気がします。

 

6月は・・・

 

 

author:てっぱ, category:-, 09:06
comments(0), trackbacks(0), - -
ドタキャン・・・

米朝の会議がアメリカからの中止宣言により

実現がなくなった、との事。

 

緊急ニュース速報で流れるほどの事態。

 

どうしてこの時期に、という疑問もありますが、

ドタキャンされた北朝鮮は果たしてどのような

対応となるのか、心配ではあります。

 

会議が行われると何か「損」をするという理由が

アメリカにあるのか、またそれ以外に何か絡んでいるのか、

あれだけお互い前向きのコメントをしていたことがどうして

このような事態になるのか。

 

全く分からないけれど、日本としては全く影響がないとも

限らず、注目し続けていかなければならない。

 

何かきな臭い事が起こらなければいいのですが。

 

これからの情報が気になります。

author:てっぱ, category:-, 10:58
comments(0), trackbacks(0), - -
乖離・・・

「乖離」という難しい言葉が飛び交っております。

 

投資経験のある人には「乖離率」などというワードを

聞きなれていると思われるのでその言葉の「意味」は

理解されていると思いますが、一般人が聞くと「何?」と

なるのではないでしょうか。

 

今、話題になっている「悪質タックル」の証言でこの

「乖離」という言葉が使われています。

 

文章を辿っていくと、だいたいの「意味合い」が理解できます。

 

この「乖離」という言葉により、当該選手と指導者の意見が

分けられています。

 

どちらが正しいとか違うのではなく、お互いの「認識」や

「解釈」の仕方が違っていた、という感じです。

 

ここに「乖離」という言葉が埋め込まれるのですが、

でも、どちらにしても「悪い行い」には違いなく

被害を受けた側にとっては「乖離」などどうでもいいと

思っている筈。

 

スポーツマンとしてはどちらも「あるまじき行為」で

あることに間違いはなし。

 

「勝利至上主義」よりも

「人間形成」を目的としたスポーツでないと

スポーツをする「意味」はないのではないかと

思いました。

author:てっぱ, category:-, 08:51
comments(0), trackbacks(0), - -
心理学・・・

心理学の勉強。

 

最近、始めました。

 

もともと興味はありましたが、「心理」というのは

人それぞれであり、枠にハマるとは限らない。

 

「犯罪心理学」とか「何とか心理学」とか言ってテレビに

出てコメントしている方をよく見ますが、それは一般論であり、

案外「外れて」いることが多い。

 

その「行動」のみで推理するのは、もともとおかしいとも

思うし、そもそも普通ではない人が犯罪を犯すのだから

頭の良い博識者が想像できるはずもない、と勝手に思っています。

 

ただし、色んな「心理」に関わる本を読むことは「プラス」に

なる、と思い沢山の本を仕入れています。(全て中古ですが)

 

自分がスキルアップするために、これから読み込みます。

 

という決意表明。

author:てっぱ, category:-, 08:21
comments(0), trackbacks(0), - -
新緑・・・

新緑の季節、と言えば聞こえは良いですが、

 

色んな「緑」が成長します。

 

「草」も例外ではありません。

 

また、その「雑草」と呼ばれる草は

「雑草魂」という言葉にもあるように

しぶとく、そして元気に生えてきます。

 

肥料を得ずとも「水」と「光」そして「風」や

昆虫なども利用して繁殖します。

 

野菜や果樹、花も「ほったらかし」で繁殖してくれれば

それに越したことはありませんが、そのような人間共の

勝手は許してくれません。

 

ともあれ、言いたい事は、これから何度とやらなければ

ならない「草刈り」が面倒だと言うことです。

author:てっぱ, category:-, 09:58
comments(0), trackbacks(0), - -
7月・・・

昨日は30度を超えました。

 

五月ですが七月の陽気だということでした。

 

となるとこのまま暑さが異常になれば6月は、そして七月は

何月相当の天気と呼ばれるのか。

 

例えようがない場合は「観測史上」という表現に

なるかと思いますが、ただでさえ暑いこの地域(岐阜)

ではこれ以上の暑さ更新はご免被りたいと切に願います。

 

年々気温は上昇しています。

 

この辺りで「冷夏」という異常気象。

こういう異常を期待しつつ。

author:てっぱ, category:-, 08:50
comments(0), trackbacks(0), - -
長雨・・・

この時期に川が増水することは珍しい。

 

雨の日は一日中、雨が降っています。

 

梅雨時のような感じの雨です。

 

川が増水したために川の形状も変わってしまいました。

 

濁流が川底をかっさらっていくので、深い所や河原の位置が

微妙に変わっています。

 

今日は晴れていますが、5月晴れというよりも

「夏」の一日という暑い晴れの日となっています。

 

6月がどうなるのか、心配でもあります。

author:てっぱ, category:-, 08:36
comments(0), trackbacks(0), - -
長雨・・・

連休明けから「雨」の日が続きます。

 

しとしと雨もあれば

土砂降り雨もあります。

 

梅雨を思わせるような降水量です。

 

例年ではあまりない光景。

 

異常気象は相変わらず続いている感じ。

 

このままいくと本当に梅雨はどうなるのか、

その先の夏も、どうなってしまうのか全く

見当がつきません。

 

人間はただその気候に順応していくより

手立てはなし。

 

昨年、気にした「蝉」の声。

 

今年はいつからいつまで鳴くのか、

また観察してみます。

author:てっぱ, category:-, 09:11
comments(0), trackbacks(0), - -
連休明け・・・

怒涛のゴールデンウィークが終わりました。

 

暑い日も雨の日もありました。

 

それぞれに過ごされたと思いますが、

 

どこかへ出かけるのも良し、バーベキューも良し、

旅行も映画も、何でもかんでも良し。

 

でも、個人的には、あまり「人混み」が好きでなく

そういう場所には行きたくないのが「本音」です。

 

今年は「家」で家族水入らずの休日を過ごせました。

また滋賀県の超穴場的な古い街並みを散策も出来ました。

 

連休最後の日でしたが、ここは全く込んでおらず、

ゆっくりと散策が出来て、探してくれた子供に感謝。

 

車で約2時間かかりますが、また是非行ってみたい場所です。

 

 

author:てっぱ, category:-, 09:12
comments(0), trackbacks(0), - -
既存住宅状況調査・・・

宅建業法の改正により「既存住宅状況調査技術員」という

資格ができました。

 

これにより建築士が不動産売買における中古住宅について

建物の調査を行うようになりました。

 

しかし、これは義務や強制ではなく「任意」という

意味合いが強く、これからどれだけ普及されるかは

不透明でもあります。

 

この「既存住宅状況調査」は重要事項説明時に

「あっせんが出来る」または「調査を行ったか否か」を

説明するに留まっております。

 

故に、これが絶対必要であるか、と言われると

「必要」ではあるが「絶対」とは言い切れないところが

もどかしいところです。

 

ただ、行って「損はしない」というのがメリット。

ということで、再度当方のちらしをご覧ください。

よろしくお願いします。

インスペクション

author:てっぱ, category:-, 10:12
comments(0), trackbacks(0), - -